パースでも手軽に作れる日本のおうちごはんレシピ⑤

最終更新: 6月8日

引き続き、「パースでも手軽に作れる日本のおうちごはんレシピ」をお送りします。


5回目の今回は、

【マッシュルームのマリネ】






マッシュルームと言えば、オーストラリアでは、日本よりも断然手軽に手に入りやすい食材の一つですね。


大きくて肉厚で、種類もたくさんあります。


白いマッシュルームに茶色いマッシュルーム、傘の大きなフィールドマッシュルーム。

シチューなどの煮込み料理にはもちろん、パスタに入れたり、BBQで焼いたり、

レストランでは、ベジタリアンメニューのひとつとしてお肉の代用に使われたりもしています。


シイタケやエノキ、エリンギといったお馴染みの種類も、ちょっとしたスーパーでは見かけるようになりました。



どの種類も美味しくて使い勝手がいいのですが、

このシリーズは、「普通のスーパーでも売っている、手軽に買える食材で」がテーマですので、

一番一般的な、きっとどこにでも売っている王道の!

白いマッシュルームを使い、箸休めやおつまみにもピッタリのマリネを作ります。


【マッシュルームのマリネ】


動画はこちら ↓






【材料】


マッシュルーム:200gくらい(中くらいので8個)

にんにく:1片

乾燥パセリ:小さじ1 (フレッシュの場合はみじん切りにして大さじ2くらい)

【調味料】

白ワインビネガー:大さじ1.5

オリーブオイル:大さじ1

お醤油:大さじ1

塩:小さじ¼


【作り方】

①マッシュルームは、硬く絞ったキッチンペーパーなどで表面の汚れを軽くふき取る。


②にんにくはみじん切り、マッシュルームは半分に切る。

 *小ぶりな場合はそのままで、大きなマッシュルームなら¼ にカットしてください。


③お鍋にたっぷりのお湯をわかし、マッシュルームを2分ほどゆでる。

 *日本のものより肉厚で身がギュッと詰まっているので、ゆで時間は長めです。

 *サクッとした食感が残っている方がお好きなら、1分程度にしてください。


④ゆでたらざるに上げ、よく水けを切る。


⑤大きめのボウルに、にんにくと調味料を入れる。


⑥⑤のボウルに、マッシュルームと乾燥パセリを入れ、軽く混ぜて30分ほどなじませる。


⑦器に盛って、できあがり!




86回の閲覧

© 2015-2020 by Yu & Mie Partners.