パースでも手軽に作れる日本のおうちごはんレシピ ③

最終更新: 6月8日


今日はANZAC Dayでしたね。

みなさんはいかがお過ごしでしたでしょうか?



先週に引き続き、レシピのご紹介です。


産前産後サポートのお惣菜メニューの中でも人気のレシピを、より手軽に作れるように、WoolworthsやColesなど近所のスーパーでも手に入る材料「だけで」作れるようにアレンジしました。


今回は、春雨サラダ。 この連載は、サブテーマとして”WoolworthsやColesなど普通のスーパーで手に入る食材(調味料含む)「だけで」作る”というのを密かに設定しています。

サラダ、調味料もお砂糖、お醤油、お酢、ごま油と、とてもシンプル。

ハムときゅうりと錦糸卵の組み合わせは、何やら懐かしの冷やし中華を思い出しますが(笑)、 春雨を使うことでよりさっぱりといただけます。





【春雨サラダ】 材料 春雨:100g ハム:80g きゅうり(Continental Cucumber):½ 個 たまご:Lサイズ 2個 砂糖:小さじ2 ごま油:小さじ2 しょうゆ:大さじ2 お酢:大さじ2 作り方 ①きゅうり、ハムは細切りにする。 ②春雨はたっぷりのお湯で8-10分ほどゆでる。 ③春雨をゆでている間に、薄焼き卵を作る。 ④たまごをボウルに割り入れ、お砂糖を小さじ2加えて良くかき混ぜる。 ⑤平たいフライパン(今回は26㎝のものを使用)に油を熱し、ペーパータオルで余分な油をふき取る ⑥フライパンが熱くなったら火を弱め、たまごの半量を入れて薄く広げて焼く。 ⑦焼けたら周りからペリペリと卵をはがし、裏返して火を通す。 ⑧残りの卵も同様に焼き、平たいざるなどに広げて乾かしておく。 ⑨春雨が透き通って、ちょうどよい柔らかさになっていたらざるに上げて水けを切っておく。 ⑩薄焼き卵を重ねてクルクル巻いて筒状にし、端から5㎜幅くらいに切って錦糸卵にする。 ⑪水けを切った春雨をまな板に広げ、十の字に切っておく。  *こうすると春雨が簡単にちょうど良い長さになります。 ⑫大きめのボウルに、お酢+おしょうゆ+ごま油を入れ、春雨と細切りにしたほかの材料も加えてサッと混ぜたら出来上がり! 子どもたちも大好きな優しい味のサラダです。

82回の閲覧

© 2015-2020 by Yu & Mie Partners.