西豪州でのお子様の予防接種について


こんばんは。 今日はオーストラリアでのお子様の予防接種について お伝えしたいと思います。 ’オーストラリアと日本では、予防接種の数や時期etc.が異なる’ ということは皆さんご存知だと思いますが、

どこで接種できるのか等は意外とわからない方も多いのでは。

WAでは、キングスパークの近くに Central Immunisation Clinic(いわゆる予防接種クリニック)があり、 予防接種を受けることはもちろん、 予防接種に関する様々なアドバイスを受けることができます。

Central Immunisation Clinic 住所:16 Rheola Street, West Perth 電話:08 9321 1312 開業時間:月-金 8:30-16:30 (予約をしていない場合の受付は15:30まで)

豪州国籍保持者やメディケアを持つ永住者だけでなく、 観光ビザ以外の長期滞在者もこちらで予防接種を受けられます。

日本で途中まで接種してきたお子さんについても、 母子手帳を持参すると、不足分の接種スケジュールを組んでもらえます。

こちら以外にも予防接種クリニックがありますので 西豪州政府Department of HealthのHPの、healthywa.wa.gov.au/immunisationclinics で調べてみてください。

GP(General Practice:一般医)でも受けることができますが、 Consultant feeがかかる場合もあります。

また、1歳半と4歳のときに予防接種の記録が送られてきます。

保育施設や学校に入学する際、 この予防接種の記録(又は日本の母子手帳も可)の提示を求められますので、 大切にとっておきましょう。

Child Care Benefit(保育手当)の受給には、 その時点で受けるべき予防接種を受けている(又は接種免除を受けている) 必要があります。

2015年4月1日に改訂になった、生後〜4歳までのお子さんの通常の予防接種スケジュールについてまとめてみました。

同様のPDFをHP内のお役立ち資料集にも掲載しております。 以下をクリックしてご参照下さい。 お役立ち資料集内 「予防接種スケジュール表」 *画像内2ヶ月とは、生後6週〜8週です。

赤ちゃんの場合は太ももに注射されます。 例えば6ヶ月までは両足の太ももへの注射と、経口投与になります。

また、画像にはありませんが、 「生後6ヶ月から5歳未満のお子さんは、インフルエンザの予防接種を  毎年受けることが望ましい」 (All children aged from 6 months to less than 5 years should also receive the influenza vaccine each year.) とのことです。 なお、予防接種に関しては、法令が変わることもありますので、 詳しくはオーストラリア政府Department of Healthの ページをご覧ください。 こちら


148回の閲覧

© 2015-2020 by Yu & Mie Partners.