Elizabeth Quay


今年の1月末に公式オープンしたElizabeth Quay。

未だ工事中のエリアが多数残るものの、パースCBD(Central Business District)の新たな観光名所として、注目を集めています。 ”Swan Bell”の愛称で親しまれているBell Towerの西側に設けられた,

人口のInlet(入り江)を中心に、美しいSwan Riverと対岸のSouth Perthの街並を臨む公園になっています。

公園の中心、The Landingにあるモニュメント。晴れた日にはこの楕円の枠に青空が

きれいに切り取られ、アートな感じの写真が撮れます。

South Perthに向かうフェリー。

7分ほどで到着です。

観光汽船のようなのどかな雰囲気で、のんびりと橋の下をくぐっていきました。

South Perth行きのフェリー乗り場付近からBell Towerを臨みます。

横向きのSwan、なんだかちょっとシドニーのオペラハウスに似てるかも?!(似てません)

目の前に写っている建物は

The Reveleyというカフェ。 週末にはハイティーも楽しめます。こちらのカフェ情報も次回載せますね。

公園の西の端(Convention Centre側)とBarrack Street Jettyを結ぶ橋。正面から見ると長崎の眼鏡橋のようですが、横から見るとアーチが互い違いに傾斜しているのがわかります。 周囲に高い建物がないので、ちょっとした

空中散歩気分を味わえます。

橋を渡った先にあるプレイグラウンド。小さめですがお砂場とジャングルジムがあるので、散策の途中に寄るにはちょうど良いサイズです。

園内にあるジェラート屋さん、Gusto Gelato。LeedervilleのNew Castle Streetにあるお店の支店です。本場イタリア仕込みのジェラートは種類も豊富で迷ってしまいそう。

他にもV Burgerというバーガー屋さん(Floreat Forumに同系列店あり)もあります。

Elizabeth Quayの最大の呼び物だったWater Parkは現在まだ閉鎖中ですが、 工事を終えて、夏には営業再開してくれると良いですね。

↓こちらはElizabeth Quayの施工主MRAのホームページに載っていた地図です。

Elizabeth Quayの情報はこちら(MRAのHP)でご覧になれます。


36回の閲覧

© 2015-2020 by Yu & Mie Partners.